C#とSQLServerを繋いでデータを操作する4つの方法

C#とSQLServerを繋いでデータを操作する4つの方法_#01_はじめに

この記事は「C#SQLServerを繋いでデータ操作をする4つの方法」ということで,C#からSQLServerに接続するやり方をいろいろと解説しています。その4つって何かというと,DataTableSqlDataReaderDapperEntityFrameworkというこの4つですね。C#SQLServer繋ごうと思ったら,だいたいこの4つのどれかに当たってくるのかなと思っていて,その4つの特性とか,実装のやり方とか,「こんな感じやったらいいと思います」みたいな話をさせてもらっています。色々コースを出させてもらっていますけども,私とかは,ずっとやっているので,当たり前のようにデータベースと繋いでデータ取ってみたいなコースいっぱい作っているのですけど,初心者の方からしたら,なんかその辺あんまりよくわかんないみたいな感じで,データの取得とか,データの操作に特化したコースというのは,何か1つ作った方がいいのかなと思ったので今回作りました。 

基本的にはDataTableとか,SqlDataReaderのお話をしようと思ったのですけど,まぁちょっと色々,まとめていくうちに,やっぱりDapperとかEntityFrameworkというのも,お伝えしたほうがいいなと思ったので,この4つになったということですね。

 これ見ていただいたら,C#SQLServerって,こんな感じで繋いで,データ取ったり,登録したりってするのだなというのは分かると思うので,その辺あまり詳しくないなというか,あんまりやり方よくわかんないなというような方に,読んでもらえたらいいかなと思っています。興味のある方は是非読んでみてください。

#01_はじめに
#02_VisualStudio2022のインストール
#03_SQLServerのインストール
#04_データベースとテーブルの作成
#05_プロジェクトの作成
#06_接続先文字列の作成
#07_データテーブルでのデータの取得
#08_Sqlアクセスクラスの作成
#09_SqlDataReaderでのデータ取得
#10_SqlDataReaderの結果をカスタムクラスに入れる方法
#11_SqlCommandでInsert文を発行する方法
#12_SqlCommandでUpdate文を発行する方法
#13_Update対象がなかったらInsertする方法
#14_SqlCommandでDelete文を発行する方法
#15_Dapperでデータを取得する方法
#16_DapperでInsert文を発行する方法
#17_EntityFrameworkをインストールしてDbContextを作成する方法
#18_EntityFrameworkでデータを取得する方法
#19_EntityFrameworkでInsert文を発行する方法
#20_EntityFrameworkでUpdate文を発行する方法
#21_EntityFrameworkでDelete文を発行する方法
#22_Helperクラスを作ってSqlCommand操作を共通化する方法
#23_パフォーマンスチェックの方法
#24_4つのデータのとり方のパフォーマンスチェック
#25_4つの結果を踏まえて講評
#26_さいごに

C#とSQLServerを繋いでデータを操作する4つの方法

#01_はじめに
#02_VisualStudio2022のインストール
#03_SQLServerのインストール
#04_データベースとテーブルの作成
#05_プロジェクトの作成
#06_接続先文字列の作成
#07_データテーブルでのデータの取得
#08_Sqlアクセスクラスの作成
#09_SqlDataReaderでのデータ取得
#10_SqlDataReaderの結果をカスタムクラスに入れる方法
#11_SqlCommandでInsert文を発行する方法
#12_SqlCommandでUpdate文を発行する方法
#13_Update対象がなかったらInsertする方法
#14_SqlCommandでDelete文を発行する方法
#15_Dapperでデータを取得する方法
#16_DapperでInsert文を発行する方法
#17_EntityFrameworkをインストールしてDbContextを作成する方法
#18_EntityFrameworkでデータを取得する方法
#19_EntityFrameworkでInsert文を発行する方法
#20_EntityFrameworkでUpdate文を発行する方法
#21_EntityFrameworkでDelete文を発行する方法
#22_Helperクラスを作ってSqlCommand操作を共通化する方法
#23_パフォーマンスチェックの方法
#24_4つのデータのとり方のパフォーマンスチェック
#25_4つの結果を踏まえて講評
#26_さい

C#を正しい3層構造で造れてますか?

非売品コースを受け取る

下記URLは、ベネッセが提供する教育用プラットフォームにて
私が公開しているプログラミング学習コースです。
無料コースもあるので、よかったらご覧になってみてください。
【無料動画】「C#を勉強する順番」