C#

C#のコンストラクタは完全コンストラクタパターンを検討しよう

C#のコンストラクタは完全コンストラクタパターンを検討しよう

コンストラクタとは
インスタンス,生成,引数
コンストラクタとは,インスタンスが生成されるときに
一番最初に動作する部分の事です。

例えばMeasureValueというクラスを作成し
コンストラクタを作成するとこのようになります。

publicの後にクラス名をかかれたものは
コンストラクタになります。

外部からはこのように呼び出されます。

newを実行したときに引数無しのコンストラクタが起動し
その中に今回は何も書いていないので,特に何も起こりませんが
ブレイクポイントなどを置くとちゃんと通っていることが
確認できると思います。

ではこのコンストラクタ,いったい何のために必要なのでしょうか?

それは,インスタンスを生成するときに
クラスの変数などの初期化などが行えます。

例えばMeasureValueクラスに変数を追加します。

intの変数の_valueを追加し,コンストラクタで1を設定しました。
これでインスタンスが生成されるときに_valueに1が入ります。

「そんなのprivate int _value = 1; って書けばいいじゃん!」

ごもっともです。
次のように書いても同じ意味になります。

だた,次のようなパターンではコンストラクタが
強力な意味を持ちます。

この例ではコンストラクタにintの引数を持ち
_valueに代入しています。

これで,呼び出し元が値を自由に設定できるようになります。

さらにprivate int _value;をreadonlyにすることで
明示的にコンストラクタでの変更しかできない
変数を作ることができます。

こういったコンストラクタで内部変数の値がすべて決まり,
その後一切変更できない実装を「完全コンストラクタパターン」といいます。

このように実装すると,インスタンスが生成されてから
一切値が変わらないので,可読性や保守性の高い
より良いコードとなります。

コンストラクタに関する説明は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

トップページへ戻る