【Menu】データベーススペシャリスト

データベーススペシャリストの試験範囲の

ポイントを徹底的にわかりやすく解説しています。

重点ポイント講座

データベーススペシャリスト試験対策 勉強法と合格する方法データベーススペシャリストは国家資格で情報処理技術者試験のレベル4(最高難度)です。このブログでは試験でよく出てくる,正規化,データベー...
データベーススペシャリスト論理モデル概念モデル&キー解説 第2回今回は論理データモデル,概念データモデル,キーについて解説していきます。 ...
データベーススペシャリスト 内部結合と外部結合とは? 第3回それでは今回は次の項目の勉強をしていきましょう。 関係代数演算 直積 選択(selection) 射影(projection) ...
データベーススペシャリスト試験 正規化を分かりやすく解説 第4回データベーススペシャリスト試験合格への道 第4回 「正規化」は データベーススペシャリストの試験では 100%必要な知識になります...
データベーススペシャリストER図の書き方考え方をわかりやすく解説今回は概念データモデルの作成として ER図,多重度(カーディナリティー)の部分を解説 1対多とか多対多とか そのあたりのややこしい...
データベーススペシャリスト エンティティライフサイクル分析のやり方開発アプローチとエンティティライフサイクル分析のお話。 意外と最近エンティティライフサイクル分析は試験に出ているので 押さえておく必...
データベーススペシャリスト試験 トランザクションと排他制御 解説DBMSとは,データベースと それを扱うソフトウエアの事です。 データベースはそれをためておく場所 MSはマネージメントシステムな...
データベーススペシャリスト試験 ACID特性の「I」独立性を解説ACIDのIに注目 ACIDのIとはIsolation「独立性」です。 トランザクションが他の トランザクションの影響を受けない ...
データベーススペシャリスト ロールフォワードとチェックポイントとは今回はデータベースのACID特性の「D」 Durability(持続性)に注目し 障害回復制御を詳しく見ていきます。 ログファイル...
データベーススペシャリスト試験 ACID特性のAC 2層コミット今回は短めです。ACIDのACの部分の補足です。 ACとは「Atomicity 原始性」「Consistency 一貫性」です。 今...
データベーススペシャリスト資格試験 索引(インデックス)を解説索引とは何か? データベースに慣れるまではなかなかイメージできませんよね? 一言で言うと検索を速くするための物なんですが 作成する...

午後問題解説

データベーススペシャリスト試験 過去問 平成27年午後Ⅰ問1を詳しく解説データベーススペシャリスト平成27年午後Ⅰ問1を どこよりもくわしく解説をします。 問題の1行1行を着目して解説しているので 午後...

 

トップページへ戻る

 

リーダブルコードC#

C#を正しい3層構造で造れてますか?

非売品コースを受け取る

#01_はじめに
#02_プロジェクトの作成
#03_右に長いコードを書かない_隣のとなりまでしか訪ねない
#04_隣のとなりまで_右スクロールより縦スクロールの方がいい
#05_IFとELSEがある時は肯定系をIF否定形をELSEにする
#06_比較する時は変数を左_定数を右にする
#07_複数の比較を1回のif文でやらない
#08_booの比較でTrueやFalseを書かない
#09_否定の否定はしない
#10_型チェックはasを使う
#11_メソッドはできるだけ早く抜ける_返却する値を無駄に変数に入れない
#12_対象外の時はすぐに抜ける
#13_都合が悪いケースはガードする
#14_必ずやりたい処理はfinallyを使う
#15_比較演算子はできるだけクラスにさせる
#16_ifの中括弧の省略はしない
#17_if文のリーダブルコードまとめ
#18_名前の付け方
#19_意図が明確な名前を付ける
#20_名前は素直に付ける_連想ゲーム的な名前を付けない
#21_1つの事しかしていなければ短い名前でも理解できる
#22_長いクラス名の扱い方
#23_単数形と複数形で表現する
#24_対になる言葉の組み合わせを決めておく
#25_業務で使う名前は統一する
#26_名前を統一するための辞書ツール作成
#27_メンバー変数にアンダーバーを付ける
#28_ハンガリアン記法を使わない
#29_メソッド内の変数をメソッド最初に全部宣言しない
#30_メソッド内の変数は直前に宣言する
#31_ループの変数はループ内で宣言する
#32_変数を使いまわさない
#33_boolの戻り値はどちらがTrueかをわかるようにする
#34_解放が必要なオブジェクトにはusingを使う
#35_varを推奨する場合
#36_メソッド名の付け方
#37_voidとFunctionを意識する
#38_インテリセンスを意識した名前にする
#39_生成メソッドはCreate_型変換はToを使う
#40_無駄に変数に入れて返却しない
#41_重複をなくす
#42_リージョンで区切らない
#43_アクセス修飾子とsealedを付ける
#44_クラス名はソリューションエクスプローラーで並べることを意識する
#45_クラス名は名詞か名詞句で命名する
#46_クラス名で継承元や特性を表現する
#47_メソッド内にコメントを書かない
#48_分かりづらい部分はメソッド化をしてメソッド名で想いを伝える
#49_コードを読んだ人が「えっ?」と思うことが予想される場所にだけコメントを付ける
#50_コメントで悪いコードを取り繕うことはできない
#51_未実装機能はTODOコメントを書く
#52_リーダブルコードまとめ

ピーコックアンダーソンの書籍はすべてKindleunlimitedで読み放題です