SQLServer初心者

SQLServer2017でのSELECT文、INSERT文、UPDATE文、DELETE文の書き方をわかりやすく解説!3

前回まではSQLServerのインストールから始まり

データベースの接続,テーブルの作成,

データの登録,主キー制約までを学びました。

今回はSQLというコマンドを使って

データベースに対してデータの登録,取得,更新,削除という

SQLの神髄で80%はこれって感じの知識を

解説していきます。

SELECT文を書いてみる

それでは初めてのSQLを書いてみましょう。

先ほど入力した3行のデータをSQLを使って取得してみます。

 

「Anderson」を右クリックして「新しいクエリ」を選択します。

エディター領域が開くのでそこに下記の通り入力します。

 

 

selectは「選択」

アスタリスクは「すべての項目」(この場合IdとName),

fromの後にテーブル名を書きます。

順番は

これで,Usersテーブルの全項目をすべてくださいという意味になります。

 

画面ツールメニューの実行ボタンを押下すると

下記のような結果が表示されます。

これですべての行と列が選択されていることがわかります。

UPDATE文を書いてみる

先ほどはSELECT文といわれるデータを取得する書き方でした。

今度はデータの更新をしてみましょう

1行目のId「1」を「5」にしてみましょう。

次のSQLを実行してみましょう。

 

 

更新の場合は最初にupdateと書きます。

その次にテーブル名。

その次に項目名とその項目名に入れる値をイコールでつなぎます。

 

文字列を更新する場合はシングルコーテーションで囲みます。

項目名の最初の行だけsetで始めます。

項目名が複数ある場合はカンマでつなぎます。

 

そして最後にどの行を更新するかをwhere の後に書きます。

つまり,このSQLは「Idが1の行のNameを

「shinya」に変えて!」

という意味になります。

 

それ時は実行してみましょう。

 

すると下記のメッセージが表示されます。

「1件処理されました」と表示されています。

実際に処理されたかどうか確認して見ましょう。

もう一度SELECT文を実行してデータを確認します。

Id「1」がId「shinya」になっているのがわかります。

ちなみに,クエリエディタ上でSQLを記述し,

ひとかたまりを選択状態にすることで,

選択した文言のみのSQLを実行することが可能です。

 

今回は「select * from Users」を選択状態にして実行ボタンを押しています。

INSERT文を書いてみる

さて,これまで行の選択と更新を行いました。

次は新規で追加する方法を見ていきましょう。

新し行を作成するには「Insert」文を作成します。

 

 

ルールはこんな感じ。

実行してみましょう。

「1行処理されました」と出るので,

確認のためにSELECTを実行します。

Idが「4」でNameが「takahara」が追加されています。

DELETE文を書いてみる

それでは行を削除するやり方を見ていきましょう。

Idが「1」のshinyaを消す場合は下記となります。

 

 

削除の書き方

 

それでは実行してみましょう。

「1行処理されました」と出るので,

いつも通りSELECT文で確認します。

Id「1」が削除されたことが確認できます。

この講座を動画で学びたい方はここからすべて公開しています