C#コーディングルール

C#コーディングルール_#01_はじめに

Udemyで公開しているC#のコースを1つ無料でプレゼントしています。こちらから確認してください。

どうもこんにちは。ピーコックアンダーソンです。

今回は「C#のコーディングルール」ということで,C#をチームで開発していくうえで非常に重要な,書き方のルールを解説していきます。

特に,C#の生みの親であるマイクロソフトが公開しているガイドラインを中心に

「プロパティとコンストラクタはどちらを先に書くのか?」とか,名前の付け方等の作法を解説し,最終的には,スタイルコップアナライザーというツールで,違反しているコードには警告が表示されるようにすることで,わざわざ人が目で見てコードチェックをすることなく,プログラム開発者の一人ひとりが,誰かに指摘されることなく,ツールの警告を消していくことで,全員が気持ちよく,同じルールでコーディングを行うというやり方について解説していきます。

チーム開発をするうえで,プログラマーごとに異なるコードを書くのではなく,統一したコードを書くことは非常に重要であり,何かアプリケーションを作る際には,最初に全員に教育してから実装を始めるのが理想的です。

一人でプログラミングをする場合も,毎日プログラミングをしていると,数週間後には自分で書いたプログラムでも忘れていくため,統一した書き方は非常に重要です。

Udemyで公開しているC#のコースを1つ無料でプレゼントしています。こちらから確認してください。