C#でWindowsFormsプログラミング

C#でラベルとテキストボックスを使ってユーザー登録画面を作成する

C#入門フォーム編第2回
C#でプログラミングする場合,必ずと言ってもいいくらい必要なコントロールである「ラベル」と「テキストボックス」の使い方を見ていきましょう。ラベルは値を表示するエリアで,テキストボックスは表示以外に入力も可能なコントロールです。

前回をご覧になっていない方はこちら

ユーザー登録画面の作成

VisualStudioを起動する

本ブログではVisualStudio Community 2015を使用していますが,他のバージョンでも構いません。Web上では2017を無料で取得できると思います。(無料版はCommunityエディション)事前にインストールされているものとして解説していきます。また,バージョンの違いにより,一部表現が異なる箇所があるかもしれませんが,ご了承ください。

【ファイル】→【新規作成】→【プロジェクト】

【プロジェクト作成後】

「ソリューションエクスプローラー」,「プロパティ」エリアが表示されていない場合は
「ツールメニュー」の「表示」で選択してください。

画面が表示される。

再び「開始」で実行すると画面のタイトルが「ユーザー登録」に変更され,画面の位置も,
ディスプレイの真ん中に表示されるようになります。

ラベル

「ID」を入れるテキストボックスを作成する

画面上に「ツールボックス」がなければツールメニューの「表示」より選択する

ツールボックスより「Label」をクリックしてUserSaveForm上にドラッグドロップして,プロパティのTextをIDに変更する。

テキストボックス

テキストボックスを選んで同様に画面に張り付け,プロパティでNameを「IdTextBox」とする

実行すると「Label」と「TextBox」が表示される

Labelは文字を表示するためのもので,入力しない項目に使用します。
TextBoxは入力が可能なため,入力項目に使用します。

Udemyで公開しているC#のコースを1つ無料でプレゼントしています。こちらから確認してください。