SQLServer

SQLServerでのInsert文の書き方をわかりやすく解説

データベースのテーブル中にデータを登録するためにはInsertを使います。
データ作成は100%必要な作業ですからこれがないと始まりませんね。
それではやっていきましょう。

アンダーソン
アンダーソン
Productsという名前のテーブルの中身がこんな感じのときに1行データを追加する場合を考えてみましょう。

このテーブルに
ProductId「13」
ProductName「液晶テレビ」
Price「120000」のデータを作成するとした場合のSQLは
次のようになります。

【書き方】

  1. insert into の後に,データを追加するテーブル名
  2. ()のなかにテーブルの項目をすべてカンマ区切りで書く
  3. valuesの後の()に最初の()のなかで指定した項目の順番通りに値を設定する。
アンダーソン
アンダーソン
実行後の結果はこんな感じになります

当然ですが,プライマリキーが存在する値の追加はできません。
その場合はエラーになります。
だから同じSQLをもう一度実行すると重複キーのエラーになります。

ちなみに,IDENTITY項目であれば項目名も値も指定する必要がありません
(というか指定したらエラーになります)。
IDENTITYというのは自動採番機能で順番に1~カウントアップされていく項目です。

そういった場合は項目名と値は省きましょう。
IDENTITYの設定はテーブル設定画面で項目を選択すると,数値項目の場合のみ
設定できます。

          Page   <<   1   2   3   4   5   6   >>

SQLやデータベースについてもっと学びたい方は次の記事でおすすめの書籍を紹介しています↓

あわせて読みたい
SQLServerやデータベースに関する書籍のおすすめランキング!SQLをこれからはじめようと思っている人や,普段SQLを使った仕事をしているけどもっと詳しくなりたい!という方向けに,どんな本を読めばい...

トップページへ戻る