C#コーディングルール

C#コーディングルール_#15_ネームスペースの調整

Udemyで公開しているC#のコースを1つ無料でプレゼントしています。こちらから確認してください。

前回はStyleCopAnalyzersをインストールして,デフォルトの状態でも警告が結構出るという事を確認してもらいました。

今回はこの警告を消す前に,ネームスペースの調整をしていきたいと思います。

以前の講義でネームスペースは「会社名+製品名+プロジェクト名+フォルダー名」で命名するというお話をしました。今回はソリューション名を「MX99」,プロジェクト名を「MX99.WinForm」としましたが,そのままの状態でコーディングをしてしまうと,「会社名」が入っていない状態になります。この状態でプロジェクトにファイルを追加すると,毎回「MX99.WinForm」となってしまい,会社名を毎回追加するのは非常に面倒です。そこで,ファイルと追加するたびに,毎回会社名も記述されるように,デフォルトのネームスペースを調整したいと思います。

まずプロジェクトの「Properties」をダブルクリックします。

「既定の名前空間」という欄があるので,その中身を変更します。

デフォルトでは「MX99.WinForm」になっているので,そこに会社名を追加します。会社名が「Anderson」だとすると「Anderson.MX99.WinForm」とします。

この状態で,次回より,プロジェクトにファイルを追加すると,デフォルトでネームスペースが「Anderson.MX99.WinForm」と記述されるようになります。

すでに作成済の「Program.cs」などのクラスのネームスペースは「MX99.WinForm」のままになっているので,それらは手動で「Anderson.MX99.WinForm」に変更する必要があります。ファイルが少ない場合は,1つずつ変更してもいいですが,「MX99.WinForm」で文字検索を行って「Anderson.MX99.WinForm」に置換するやり方がいいと思います。

Udemyで公開しているC#のコースを1つ無料でプレゼントしています。こちらから確認してください。