C#初級プログラミング

C#初心者のための基礎!配列の使い方をわかりやすく解説#7

Udemyで公開しているC#のコースを1つ無料でプレゼントしています。こちらから確認してください。

配列とは?

C#には数値型のintとか文字列型のstringなどの型がありますが、例えばintの値を10個とか100個とかを束ねて処理することのできる変数の集まりの事を配列といいます。配列になっていると、for文などでの繰り返し処理等で、任意の値を探したり、すべての値に特定の処理をする際に便利です。

配列の生成方法

次のような感じで、配列に必要な数を指定します。
int[] values = new int[ 3 ];

その他の書き方

次のように省略して記述することもできます
int[] values1 = new int[ 3 ]{ 1, 2, 3 };
int[] values2 = { 1, 2, 3 };

配列の要素数の取得の仕方

配列のLengthで配列の件数を取得することができます。

注意点

配列は次のようにインデックスを指定することで、値を取得したり、変更したりできますが、インデックスが0始まりであることに注意してください。C#は基本的に0始まりです。values[0] = 10;

サンプルコード

範囲外のインデックスを指定すると、例外が発生します。

Udemyで公開しているC#のコースを1つ無料でプレゼントしています。こちらから確認してください。